男子着付け・・・

久しぶりに相棒君が着物を着たい!と言い出したので着物を広げてみました。
それに、お直しにも出さないと、いけない着物と無理そうな着物も分けてみた。

相棒君が持ってる着物は、全て義父の物です。相棒君と義父の身長差は、8cm位あるので
全部、丈が足りない・・・。(バカボン状態)裄は意外と足りてるんだよね。義父は、手が長かったのかな?

丈が短すぎる着物は、私の練習用にしようかな?自分で着ようかなとも思ったけど・・・
丈はいいけど、裄が長すぎ 気が向いたら直すことも検討しよう・・・

女性と男性の着物の違い・・・
○みやつ口が無い ○つい丈で着る ○おはしょりが無い ○人形仕立て ○ぼう衿 ○衣紋を抜かない
などなど・・・

女性の着付けと違い、結構簡単に着られるので、初心者の人でもちょっと練習すれば
着られると思います。と相棒君に言ってるのに練習する気配なし
「ぼよが着付けできるから・・・」 がる~

せっかく出したので、着せ付ける練習でも・・・

トルソーは女性なので、細身の為、補正を入れることに・・・ しかし少しだけに ・・・

男性の方も細い方は、腰や胸などに補正を入れたほうが、決まりますよ!男性の場合は
スポーツタオルなどの方が長さや幅があるから補正しやすいかも・・・

通常は、着付ける際、紐で行いますが・・・男性は女性ほど腰を縛るというのに慣れてないので
嫌がる人がいます。そんな方にこんな便利グッズが・・・

~紳士用着付けセット~
伊達締め・マジックテープの付いたクリップ2個・紐にクリップが付いたのが2本
これで、長襦袢から着物まで楽に着られるグッズです。
画像


紐などの部分は、伸縮性のあるウレタンが入ってる為、締め付け感が無く、伸縮性があり
クリップで留めるので、結ぶという手間もなく簡単に着られるグッズです。ただ夏はウレタンが暑いかも?

まぁ~着方は人それぞれですので、好きな着方が一番ですね。私は、紐でキュっと
結ぶのも好きですが・・・着慣れてない相棒君には、楽ちんらしい・・・って
こんな簡単なグッズあるんだから自分で着なさいよね~。

今回は、便利グッズを使っての着せ方・・・

①肌着を着ます。下はステテコとか穿いて下さいね。その上に補正などを行います。
  そして一番太い伊達締めを巻きつけます。腰骨付近に巻いていただくと楽かと・・・
画像


②長襦袢を羽織ります。着せてあげる場合は、自分の手を入れて相手と握手するような感じで手を
  もっていってあげると、すんなり着せてあげられます。着慣れない人は、お振りにとまどうのです。
  袖山と袖山を持って背中心を合わせます。
画像


③男性の場合は、衣紋を抜かないのでそのまま体に沿わせて着ます。下前の衿から合わせます。
  伊達締め付近にクリップを留めて、伊達締めにペタと貼ります。(マジックペルトになってます)
画像


④上前の衿を合わせて(あまりつめ過ぎると窮屈になる恐れが・・・)クリップ付き紐でクリップを留めて
  後ろを通って、前に持っていき右脇でマジックテープで留めます。
画像


画像


⑤着物を羽織ります。また長襦袢と同じように着せてあげる場合は、相手と握手をするように着せて
  あげて下さい。袖山と袖山を持って背中心を合わせ、自然に長襦袢に沿わせるように着ます。
  背中心などにシワが寄らないように気をつけます。後は、長襦袢と同じやり方で・・・
画像


画像


女性と違い前板をしないので、このまま帯び結びを行います。一番ポピュラーな「貝の口」

①着せる方の胴幅分を取ります。(以後手先となります)
画像


②胴幅分(手先)以外の残りの分を体に巻きつけていきます。2回・3回・(細い人は4回)ほど巻いて、
  手先と同寸になるように、余った分を帯の内側に折り返しておきます。(以後タレ先となります)
画像


③手先は半分に折り、タレ先を上に一結び。
画像


④タレ先を下に折り返し、手先があるほうへさらに織ります。
画像


⑤手先を輪になってる部分に通して、形を整えて出来上がり
  帯は、真ん中にあるよりも、気持ち左にずらした方が粋らしい・・・
画像


前から見た写真ですが・・・最初に補正を少なめにしておきました。補正が足りないとちょっと
頼りない感じがしませんか?やっぱり補正はしっかり入れたほうがカッコイイとおもいます。
ちなみに・・・相棒君は補正が要らないほど、恰幅のよいお腹をしてます。

画像



~おまけ~
今度の土曜日に友達から、訪問着の着付けの依頼を受けたのでちょっと帯の練習を・・・(結婚式に出席だそうな)
本人にどんな帯結びがいいか?もちろん尋ねますが・・・二重太鼓ばっかりもと思って
ちょっと変わった帯結びを・・・「葵二重太鼓」 お太鼓の上に乗ってるのが葵をイメージしてあります。
格調高い帯結びです。

画像


ちなみに、葵の部分を扇に変えれば「扇二重太鼓」に変わります。結び方はまったく一緒なんです!


いつもご訪問ありがとうございます。<(_ _)> よろしければ1クリック押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック