スッキリとした半衿の付け方・・・

長襦袢の衿って好みがあると思いますが、私は、スッキリと薄い感じに仕上がる衿が好きです。
顔が丸いせいもあり、衿がゴワゴワもたついた感じになると、さらに顔が丸く見えるような気がして・・・

それに、衿がモコモコ浮いてると、衿の着崩れも起こしちゃうんですよね。(-_-;)
私の様な悩み、そして衿の着崩れが気になる方は、この半衿付けを一度お試しになってみては
どうでしょうか?スッキリと綺麗な半衿に仕上がりますよ。

①既製品で「半衿付き」というのを買った場合は、半衿を一度外して下さい。そうすると中から「台衿」と
  呼ばれる、綿の衿が出てきます。
画像


②さらに、その綿の台衿の片側だけ外して下さい。中に縫い代と芯が出てきます。その2枚共を襦袢の
  縫い目から1cm控えたところで、バッサリと切ってしまいます。
  注)切る時に、台衿を間違って切ってしまわないように気をつけて下さい。
画像


③台衿を元通りに縫い合わせます。見えない部分なので、ザックリと2cm位の波縫いでOK!
画像


画像


衿付けで一番重要なのは、背中心から両衿肩明の部分までです。ここが一番人から見えますし、
衣紋を抜くときに綺麗なカーブを出したいからです。なので!この部分だけ慎重に縫えば後は
結構~簡単なザク縫いで出来上がります。 では、重要な背中心と衿肩明の説明をしていきます

④半衿の片耳と両端を1cm折って、アイロンでしつけをしておきます。
画像


⑤まずは、長襦袢の内側から付けていきます。
  半衿の中心と襦袢の背中心を合わせ、まち針を打ちます。そこから片側ずつの襟肩明きに半衿を合わせます。
  半衿を0.8cm襦袢よりも控えて、まち針を打ちます。
  ここ以外の場所は、適当にズレない程度に、台衿と半衿を同じにしてまち針を打っていきます。
画像


画像


半衿が引きつり、襦袢の方にタルミができます。カーブというのは、内側程、カーブがきつくなりますよね。
そして外側ほど距離も長くなり緩やかになります。襟のカーブも同じ要領で行うと綺麗なカーブを描きます。


⑥端からバストライン位までは、2cmの波縫いでも、掛け縫いでもいいので、ザックリと縫います。
  バストラインから襟肩明5cm手前までは、1cm位の間隔で縫います。縫っている際、3針に1針は
  裏まで付きぬけて、縫ってください。そうする事によって、衿がしっかりと付いて、着ている時に
  浮いた感じなどが解消されます。
画像


画像


画像


⑦襟肩明部分は、2mm~3mmと細かく、いせ込んで縫います。指でカーブを作りながら
  少しずつ布を送り込んでいくと、綺麗に仕上がると思います。襟肩明が過ぎれば⑥の工程に戻ります。
画像


⑧次に襦袢の表側を縫います。台衿に沿って半分に折っていき余った布は内側に織り込み、アイロンで
  しつけをして、まち針をうちます。この時、自分が持っている衿芯が入るかどうか?チェックしてくださいね。
  縫った後で、衿芯がきつくて入らないという失敗もあります。しかし、あまりに余裕がありすぎると
  衿芯が中で、グラグラ動いてしまい、衿崩れの原因になってしまいますので、ほどほどに・・・
画像


注)縫った縫い目は、時折、指でしごいてください。緩んだりつったりしたままだと、衿が歪みます。

表側は、着たら見えない部分ですので、ザックリと2cm位の間隔で、縫っていきます。2、3針に一度は
裏側と同様、反対側まで突き抜けて縫ってください。裏側の半衿に糸が出ないように気をつけて!
これで、半衿付けは終了です。では、衿芯を一度通してみましょう!

☆コツ☆
衿芯を通したら、左右対称になるようにきちんと合わせます。どちらか片側を襟芯が出ないように
簡単に縫います。着る際は、開いてるもう一つの半衿の入り口を、小さな安全ピンなどで止めてしまうと
衿芯が動かず、しっかりと固定されます。着た際、見える衿部分の端まで、しっかりと衿芯があるので
スッキリとした衿ができあがると思いますよ。

画像


☆スッキリとした衣紋になりました。
画像


☆おまけ☆
ラインストーンをあしらって遊び心を・・・
画像


私は、襦袢を買うと、とりあえず、①~③までの工程をしておきます。
後は半衿を付けるだけなので手間がだいぶ省けます。少しの手間と労力で
楽しい・素敵な~着物ライフを過ごしたいと思います。


いつもご訪問ありがとうございます。<(_ _)> よろしければポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

snowwhite
2008年09月27日 18:13
半襟のつけ方、とっても参考になりました!
今度、試してみたいと思います。
それにしても、ぼよさま、豆ですねー。感心してしまいます。
私は半襟の付け替え、、、億劫に思ってしまいます。(^^;)
ラインストーン、素敵ですね!
tanuki
2008年09月27日 20:03
すごい!ぼよさんの記事、和裁のテキストにできますね(^^)
私も半衿マニアなので(笑)色々な刺繍衿を買って楽しんでいます。
白衿より圧倒的に色柄の入った衿が多いです。
ぼよさんみたいに丁寧な衿付けはできないので、いつもザクザク大まかに縫い付けています。(^^;
衿付けって初めは面倒に思うのですが、縫っているうちにだんだん面倒さが快感に変わってくるんですよね。(笑)

ぼよ
2008年09月27日 22:40
snowwhiteさん~いらっしゃい!
参考だなんて・・・嬉しいお言葉ありがとう
ございます。<(_ _)>

元々、服飾の学校に行ってましたから、お針仕事は
好きなほうです。(*^^)v でも手が遅いんですよ(汗)
ぼよ
2008年09月27日 22:46
tanukiさん~いらっしゃい!
器用なtanukiさんにテキストに・・・
だなんて言われると恐縮してしまいますよ(~_~;)

色柄の半衿も色々なコーディネートが出来て
楽しいですよね。私のお友達が半衿と草履を
(草履はちぐさで作ってもらって)お揃いに
してた時は、いやーんお洒落!って思い
いつかは私も・・・と思ってます。

何故白の半衿が多いかと言うと・・・顔が黒いので
白の半衿がレフ板代わりになってくれて少しでも
肌のくすみを隠そうとしてます。(爆)
(お肌の曲がり角を2回以上過ぎたぼよでした)
着物好き
2008年09月28日 09:29
はじめまして、着物好きで、和裁入門をちょこっと齧った者です。
ええっと、この長襦袢、襟の縫い込みを裁ち切ってしまっていますね、
背縫いがへたれてきた時、思いかけずシミなどを作ってしまった時など、
前後を交換したり(傷んだり汚れたりした背縫い部分が竪襟の縫い込みの中に隠せます)、
上前と下前を交換したり、
繰りまわしできなくなっちゃいます。
繰り回ししながら、大切に着ていく和服には、
襟の中の縫い込みを切り取ってしまうのは、実にもったいないなぁ、と思います。
ミシン縫いのそれっきりで着潰してしまう長襦袢ならいいのかもしれませんが・・・。
ぼよ
2008年09月28日 10:03
着物好きさん~ようこそ!
貴重なお話ありがとうございます。<(_ _)>
着物好きさんがおっしゃる通り、この写真の襦袢は
ミシン縫いのそれっきりタイプです。
ので、こういうやり方を書いてみました。

私も、正絹の手縫いの襦袢がありますが、この方法
は行ってません。でも、和裁をされているとこういう
見方もできるんですね。長く着るには上前、下前
なども入れ替えるなど、なるほど!と思いました。
私も、やはり和裁を習ってみたいなぁ~と
改めて思いました。(^^♪

またお暇な時は遊びに来て下さい。こういう貴重な
お話もまた聞かせてくださいね。\(~o~)/

この記事へのトラックバック